日記 お菓子レシピ

2009年05月19日

レンジで簡単豆乳わらびもちのレシピ


豆乳は良質な植物性たんぱく質をたっぷり含んでいます。
「畑のお肉」とも言われている大豆の栄養分がぎゅっと凝縮されているにもかかわらず、低カロリーでコレステロールも含まれず、ダイエット中の方におすすめの食材です。

そんな豆乳を使ったクリーミーなわらびもちです。
熱い思いをせずに、電子レンジで簡単にできます。
相性抜群の黒蜜ときな粉を使いましたが、こちらはお好みでどうぞ。

◆材料◆(4人分くらい)
・わらびもち粉50g
・豆乳(無調整のもの)300cc
・水120cc
・砂糖30g
・黒蜜適量
・きな粉適量

◆作り方◆
・耐熱のガラスボウルに水とわらびもち粉を入れ、泡だて器で混ぜて溶かす。
・砂糖と豆乳を加え、さらに混ぜ溶かす。
・電子レンジの500Wで約2分加熱し、取り出したら泡だて器で混ぜる。
・さらに電子レンジで1分加熱し混ぜ合わす。
・上の作業を、ふちが固まり、混ぜると全体が糊状になってくるまで繰り返す。
・最後にもう一度よく混ぜ合わせる。
・水を張った別のボウルに、ゴムベラで流しいれる。
・水の中で一口大に手でちぎり、ザルにとる。
・氷水の中で一気に冷やす。
・ザルにとり水気を切る。
・器に盛り、黒蜜ときな粉をかける。

※冷やす時は氷水で一気に冷やしてください。
冷蔵庫で長時間冷やすとパサパになり美味しくなくなってしまいます。
(わらび餅の成分がβ化するためです。)
※豆乳を使わない場合は、水400ccで普通のわらびもちになります。
※泡立て器はハンドミキサーを使ってももちろん構いません。

posted by レシピさん at 00:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おからのバターケーキのレシピ

ヘルシーなおからを使って作る、しっとりした食感のバターケーキです。
ワンボウルで簡単にできてしまうのに、お味は本格的でするんるん

◆材料◆(パウンド型1本分)
・薄力粉100g
・ベーキングパウダー小さじ1杯
・バター100g
・グラニュー糖80g
・卵2コ
・生おから50g

◆下準備◆
・薄力粉とベーキングパウダーを合わせてふるっておく。
・バターは室温に置き、柔らかくしておく。
・卵は冷蔵庫から出し、常温にもどして、割りほぐしておく。
・型にバター(分量外)を薄く塗り、強力粉(分量外)をはたき、余分を落としておく。
・オーブンを160℃に温めておく。

◆作り方◆
・バターをボウルに入れ、泡立て器ですり混ぜ、クリーム状にする。
・グラニュー糖を入れて、白っぽくなるまですり混ぜる。
・卵を3?4回にわけてすり混ぜる。
・薄力粉とベーキングパウダーを入れて、へらでさっくりと合わせる。
・粉っぽさが少し残っているくらいで生おからを入れて、切っては下からすくい上げるようにして、しっかり混ぜ合わせる。
・型に流し入れて、160℃のオーブンで30分焼く。
・竹串を刺して生地が付いてこないようなら出来上がり。
・しっかり冷ました方がしっとりとします。

※おからを入れたら、ツヤが出るくらいまでしっかり混ぜてください。
しっとりしたケーキに仕上がります。
※レーズンやチョコチップを入れても、美味しくできます。
※泡立て器はハンドミキサーを使ってももちろん構いません。



posted by レシピさん at 00:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

おからのバター風味かりんとうレシピ


おからを使ったヘルシーなかりんとうです。
しかも揚げていないのでカロリーも控えめです。

バターの風味がきいていて、ちょっと洋風なかりんとうです。

◆材料◆(天板約1回分)
・生おから50g
・薄力粉50g
・卵1/2コ
・バター10g
・砂糖5g
<飴>
・砂糖10g
・水大さじ2杯
・バニラオイル数滴

◆下準備◆
・薄力粉はふるっておく。
・バターは室温に置き、柔らかくしておく。(しておいた方がやりやすいです。)
・卵は常温に戻しておく。
・オーブンを180℃に温めておく。

◆作り方◆
・耐熱容器(ガラスボウルなど)におからを入れて、電子レンジで温まる程度に加熱する。
・バターを入れ、混ぜ合わせる。
・薄力粉、卵を入れて混ぜ合わせる。
・べとつかず、しっかりとまとまってきたら、ラップなどにはさんで、めん棒で2?3mmの薄さまで延ばす。
・食べやすい大きさに(1.5cm角くらい)切る。
(冷蔵庫で少し冷やすと、切りやすくなります。)
・180℃のオーブンで15分くらい焼く。
・様子を見ながら、いい色に焼けたものから取り出す。
・鍋に<飴>用の砂糖とバニラオイル、水を入れて火にかける。
・フツフツとしてきたら、焼きあがったかりんとうを入れる。
・全体に絡まるようにしながら、しばらく箸で炒る。
・お皿やクッキングペーパーの上に広げて冷ます。

※生地はできるだけ薄く延ばして、こんがりと焼いてください。
※お好きな型で抜いて焼いても構いません。
※飴が乾いていないとべたつきますので、しっかり乾かしてください。

posted by レシピさん at 16:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。